レビトラの偽物を買わないよう注意しよう

2020年02月13日
散歩しているカップル

確実に本物のレビトラを入手する方法は、医療機関で処方を受けることです。
この方法なら正規ルートから入手するので、偽物を処方される心配はありません。
レビトラはドラッグストアなどでは取り扱っていないので、医療機関以外で入手するには個人輸入を利用するしかありません。
個人輸入のメリットは、格安のジェネリックを入手できることにあります。
レビトラに関しては世界共通価格となっており、個人輸入を利用しても特別安いわけではありません。
むしろクリニックで処方を受けるよりも高い場合が多いです。

個人輸入で格安レビトラをして販売されているものは、レビトラのジェネリックなのです。
特許概念のないインドなどで製造されており、個人輸入を介して購入できるのです。
現在、医療機関で販売されるED治療薬のジェネリックはバイアグラだけです。
それ以外は特許が切れていないので、日本では販売できません。

格安でレビトラの効果を実感したい方は、個人輸入でジェネリックを購入するしかないのです。
クリニックで処方を受けると1錠1,500円くらいはしますが、ジェネリックだと200円未満の商品もあります。
種類により価格が変わりますし、まとめ買いすると安くなる仕組みです。
個人輸入では1箱だけ購入すると高くなりますが、これは商品代金に送料が含まれているからです。
本物を販売しているサイトを見つけたら、次回以降も同じサイトから購入するようにしましょう。

レビトラの偽物を買わない方法としては、医療機関で処方を受けるのが一番確実です。
個人輸入代行サイトを利用するときは、会社概要が細かく記載されているサイトを選びましょう。
料金後払いが可能な大手サイトは安心できます。